キャッシングやローンの金利について

キャッシングやローンに関してはやはり返済のことを考えると金利は真っ先に気にしたい点でしょう。

しかし金利というものは実は固定制と変動制があるという点は何と言っても検討する価値があるので事前に調べておくといいでしょう。固定金利に関してはとにかく完済までに金利の利率が変化しないという点があり、比較的計算がしやすいというメリットがあります。

逆に変動金利というものは一定期間で金利の見直しがなされる商品のことであり、これは景気の変動に影響されて高くなったり低くなったりすることがあります。

これを読むのは素人では難しいのですが、しかしそうそういきなり高くなったりはしないので銀行系ローンならばあまり気にしない方がいいでしょう。こうしてみると変動金利のローンやキャッシングに関してはデメリットしかないように見えますが、リスクがある分通常の固定金利の商品と比べると平均的に初期金利が安くなっていることもあり、これを考えると選択肢が広がるので検討をしてみる価値はあります。ともあれ金利というものはやはり事前に調べておくことが大事となりますし、まずは元金を減らすことが最大の返済となるので、繰り上げ返済なども心がけることが大事でしょう。

このページの先頭へ