消費者金融で沢山借りられないのは何故か

消費者金融を利用する場合、思っていたよりも利用限度額が低くなってしまうこともあります。もっと借りられそうだったのに、提示された金額は年収の3分の1程度に抑えられることがあります。これは総量規制が影響しているためです。総量規制は借りられる金額を制限するために設けられている法律で、年収以上の借り入れが出来ないようにしています。

総量規制は消費者金融だけに設けられており、銀行のカードローンは対象となっていません。消費者金融は貸金業者として運営しているために、この法律を守らなければならないのです。一方で銀行というのは貸すことだけを行っているのではなく、預金などのサービスも提供しています。そのため貸金業者ということにはならないので、総量規制の影響を受けることはありません。

消費者金融は借りやすさという部分では非常に使いやすいのですが、逆に言えば総量規制の影響を受けて、借りられる金額が制限されている会社と考えてください。借りる際は自分の収入を持っていなければ駄目だということを考えて、少しでも増やす努力をしてください。なお消費者金融は無収入の方が借りられなくなっています。これも総量規制の影響であり、返済できない状態を作らないための規制です。

このページの先頭へ